温泉特集
 << 陸奥新報社ホームページTOP << 湯っこ案内TOP
 
 menu 温泉豆知識 menu

 
 menu 温泉の定義 menu
 「温泉」とは、地中から湧き出したお湯・もしくはお湯が湧き出る現象のことをいうが、そのお湯を利用した入浴施設のことを指すのが一般的である。
日本では「地中から湧出する温水、鉱水、および水蒸気、その他のガスで、温泉源での温度が25℃以上のものか鉱水1Kg中に定められた量以上の物質が含まれているもの(温泉法)」と定められており、地下水が火山起源の熱で熱せられたものが多い。
泉質名 定義と特徴
単純温泉 源泉の温度が25度以上で、温泉水1kgのうち含有成分が1000mgに達しない成分の薄い温泉。水素イオン濃度が8.5以上あればアルカリ性単純温泉と呼ばれる。特殊成分を含んでいることが多いので、医学的には効果の高い温泉が多い。
二酸化炭素泉 温泉水1s中に遊離炭酸1000mg以上を含み、固形成分は1000mgに満たないものをいう。泉温が上がると炭酸が気化して遊離するため、冷鉱泉や低温泉に多い。ガスが泡立っていたり、入浴すると肌に気泡が付着したりする。
炭酸水素塩泉
炭酸水素イオンとナトリウムイオンが主成分で、含温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が炭酸水素イオンのアルカリ性泉。陽イオンの主成分により、ナトリウム−炭酸水素塩泉(旧重曹泉)やカルシウム−炭酸水素塩泉、マグネシウム−炭酸水素塩泉などに分類される。
塩化物泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が塩素イオンのもの。陽イオンの主成分により、ナトリウム−塩化物泉、カルシウム−塩化物泉、マグネシウム−塩化物泉などの種類に分かれ、泉水に含有する食塩の量により弱食塩泉(100〜500mg)と強食塩泉(1000mg以上)に分類される。
硫酸塩泉 温泉水1s中に含有成分が1000mg以上あり、陰イオンの主成分が硫酸イオンのもの。陽イオンの主成分により、ナトリウム−硫酸塩泉、カルシウム−硫酸塩泉(旧石膏泉)、マグネシウム−硫酸塩泉などに分類される。
含鉄泉
温泉水1s中に総鉄イオン(鉄U、または鉄V)を20r以上含有するもの。陰イオンによって炭酸水素塩型と硫酸塩型に分類される。湧出時には澄んでいるが、空気に触れると酸化して錆色(褐色の沈殿物を生ずる)の濁った湯になる。
硫黄泉 温泉水1s中に水素イオン、またはチオ硫酸イオンあるいは硫化水素に対応するイオン総量が2mg以上のものをいう。硫黄を2mg以上含んでいれば単純硫黄泉と呼び、遊離の硫化水素や炭酸ガスを含む総硫黄を2mg以上含むものを硫化水素泉と呼ぶ。
酸性泉 温泉水の中に多量の水素イオンを含有している、強い酸性の温泉(PH3未満)。硫化水素、緑礬、明礬を含み、酸性緑礬泉、酸性明礬泉などと呼ばれる。ほとんどが無色か微黄褐色。
放射能泉 1kg中にラドン100億分の20キュリー以上を含む。微量のラドン・ラジウムが含まれているが、気体で湧き出したあとは空気中に散ってしまい人体に悪影響を及ぼす可能性は小さい。泉温が低い場合が多いので長時間入浴でき、微量の放射線が免疫細胞を活性化させる。ラドンによる疾患が発生する心配はない。
 

 menu 温泉の性質と浴用の主な効能 menu
種類 性質 効能
単純温泉 高齢者・子供にもやさしい、誰でも安心して入れる「家族の湯」
無色透明、無味無臭で刺激が少なく石鹸が良く泡立ちやすい。

疲労回復・神経痛・リウマチ・関節痛・腰痛・高血圧症・婦人病・外傷・骨折など
二酸化炭素泉 「心臓の湯」。一般に泉温が低く、成分中に炭酸ガスを含む。 血圧降下・胃腸病・肝臓病・糖尿病・痛風・利尿効果など
炭酸水素塩泉
「美肌の湯」「清涼の湯」
無色透明で、鉄分や炭酸分を多く含む 、アルカリ泉質で皮膚に対する作用が高い。
皮膚病・じんましん・アレルギー体質・火傷・神経痛・筋肉痛・関節痛・胃腸病など
塩化物泉 湯冷めしにくい「温まりの湯」「傷の湯」
無色透明。湯上り後も、ホカホカ身体が温かく保温効果がある。「熱の湯」とも呼ばれる。
神経痛・リウマチ・婦人病・皮膚病・冷え性・打ち身・便秘など
硫酸塩泉 「傷の湯」「脳卒中の湯」
無色又は黄みがあり、古来から「傷の湯」と呼ばれる。
神経痛・リウマチ・高血圧・動脈硬化症・外傷・火傷など
含鉄泉
「婦人の湯」。湧出時は、無色透明。空気に触れると酸化して湯船に褐色の沈殿物を生じ、赤茶色に変色する。 貧血・更年期障害・神経痛・湿疹など
硫黄泉 「生活習慣病の湯」
湧出時は、無色透明。空気に触れると酸化して黄色化する。卵が腐ったような臭い。

神経痛・皮膚病・湿疹・婦人病・美肌効果など

酸性泉 微黄褐色か透明な湯。抗菌作用が非常に強く、「皮膚病の湯」とも呼ばれる。
皮膚病・湿疹・水虫・疥癬・切り傷・便秘など
放射能泉 「痛風の湯」「万病の湯」。ラドンを含み無色透明な湯。放射線はごく微量で病気の心配はない。 動脈硬化症・高血圧・自立神経失調症・更年期障害など
次の効能は、温泉共通の効能(一般適応症)のため、効能欄に表示していない場合があります。
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進
 


  menu 入浴の基本マナー10 menu
すべての利用者が楽しく快適に過ごすための、10の基本ルールです。
menu 入浴前に必ず「かけ湯」をする。
(衛生面はもちろん、最初に体をお湯に慣らすことで入浴時の体の負担を減らすため)
menu 衛生上、浴槽内にタオルを入れない。
menu 髪の毛が長い人は髪の毛を結ぶなどして、浴槽内に髪の毛が入らないように配慮する。
menu 洗い場に私物を置いての場所取りをしない。
menu 所定の場所以外での喫煙をしない。
menu 浴室内で飲食しない。
menu 生理中、下痢症状の方のご入浴はご遠慮下さい。
menu 小学生以上の男女の混浴はできるだけ避ける。
menu 乳児・幼児には必ず保護者が同伴する。
menu 浴槽内で泳いだり潜ったりしない。
 
陸奥新報および当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は陸奥新報社またはその情報提供者に属します。
Copyright2008.Mutsushinpo co,.ltd.All Rights Reserved.