5月28日~6月1日に埼玉県で行われたバドミントンの日本ランキングサーキット大会男子シングルスで優勝した、青森市浪岡出身の奈良岡功大選手(浪岡高出、IMG)が22日、青森市役所を訪れ、小野寺晃彦市長に優勝と日本A代表入りを報告した。奈良岡選手は「もっと上を目指し、日本ランクも世界ランクも上げていきたい」と力強く今後の抱負を語った。
 奈良岡選手は監督で父の浩さんと共に市役所を訪問。A代表入りについて「B代表では出られなかった試合に出られる。上の大会でも優勝できるように頑張りたい」と話し、来月のシンガポールオープンやその後に控える国内外の大会で好成績を収め、パリ五輪の出場権を懸けたオリンピックレースに参加したいと語った。
【写真説明】優勝とA代表入りを報告した奈良岡選手(右から2人目)と父の浩さん(右端)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。