藤崎町は26日、町の特産品を使ったオリジナル料理の人気ナンバーワンを決める「ふじワングランプリmini2022」を3年ぶりに開催する。今回は、新型コロナウイルス感染対策でテークアウト販売とし、投票期間を1週間ほど設け、グランプリは後日決定する。
 町商工会共催で、藤崎らしさあふれる新商品で町の活性化を図ろうと、2012年から毎年開催してきたが、昨年、一昨年は新型コロナで中止。3年ぶりとなる今回も例年通りの開催は難しいとして「mini(ミニ)」と題してテークアウト販売とするほか、会場出入り口を限定し、一方通行とする対策を講じる。
 当日は町の産直施設・ふじさき食彩テラスの駐車場を会場に、町内の10店舗が参加。藤崎産のリンゴやニンニク、卵などを使ったオリジナルメニューを1品300~500円(税込み)で販売する。時間は午前11時~午後1時半を予定。
 参加店舗の対象商品を1品購入すると、投票はがき1枚がもらえる。投票は7月4日までで、投票はがきを郵送するか、はがきに記載しているQRコードを読み取り、専用サイトから投票する。結果は後日、町のホームページ、町広報誌で公表する。さらに投票者の中から抽選で、参加店舗で使える5000円分の商品券などが合計100人に当たる。
【写真説明】「ふじワングランプリmini2022]のチラシ