弘前市の二唐刃物鍛造所と、大鰐町に工場を持ち光学機器や革製品を製造・販売する小泉製作所(本社東京都)が、五戸町のプレス金型設計・製造などを行うサンライズエンジニアリングとコラボしてキャンプ用品を開発した。二唐刃物鍛造所はアウトドアナイフ、小泉製作所はクマの革を使った飯ごうケースを製造。県知的財産支援センターなどの支援で行われたもので、各社は今後もさまざまな異業種とコラボができればと話している。
 商品はサンライズエンジニアイングの店舗や電子商取引(EC)サイトで販売されており、税込み価格はナイフが大7万円、中6万円、小4万5000円、飯ごうケースが3万4000円。
【写真説明】二唐刃物鍛造所のアウトドアナイフや小泉製作所の飯ごうケース

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。