今夏の弘前ねぷたまつりについて、弘前市など主催5団体は13日、3年ぶりに合同運行を行うことを決めた。会期は例年通り8月1~7日で、新型コロナウイルスの感染防止対策として観覧者の飲酒、食事、食べ歩きや大声での歓声を原則禁じ、ねぷたの制作、運行は弘前ねぷたまつり合同運行安全会議が策定するガイドラインを順守する。今年はねぷたの文献登場300年にちなんだ「弘前ねぷた300年祭」と合わせ、伝統文化の継承と新型コロナの影響で落ち込んだ地域経済の活性化を図る。
 13日の5団体による運営委員会で、合同運行に向けて準備することを申し合わせた。公道上での観客に向けた対策として、マスクの着用、社会的距離の確保、拍手での応援など基本的な感染防止対策の徹底を呼び掛け、例年取り締まっている場所取りへの対策も強化する。
 合同運行が感染防止対策を講じた制約のある形態となることから審査は行わない。連続賞は、参加した場合は1年を加算。不参加の場合、今年の分は加算されないが、来年のまつりでは連続参加は途切れていないものとして扱う。なぬかびおくりは8月下旬に300年祭の特別運行を行う予定のため開催しない。現地にいなくても観覧できるようオンライン配信も行う。運行の台数やコースについては運行団体の参加意向調査を今後行った上で協議する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。