3月下旬に三重県四日市市で開かれた第7回全国ミズノカップジュニア選抜ソフトテニス選手権大会で、尾上中学校(平川市)の松田拳弥選手(14)・水木洸選手(14)組が男子個人で全国の強豪を破り、頂点に立った。2人は初めての全国優勝に笑顔を見せながらも、夏の全国中学校大会(全中)優勝を見据えて闘志を燃やしている。
【写真説明】初の全国優勝を果たした水木選手(左)、松田選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。