平川市観光協会は、猿賀公園の秋の写真を対象とした「ひらかわ猿賀の秋フォトコンテスト2021」の上位入賞7作品を協会ホームページで公開している。最優秀賞や優秀賞のほか、優れた作品が多かったことから特別賞も設けられ、秋に染まる猿賀公園の一瞬を切り取った美しい作品を見ることができる。
 協会が昨年10月16日~11月30日に撮影した公園内の風景写真を対象に、郵送やインターネット交流サイト(SNS)などで作品を募ったところ、合計211作品の応募があった。
 審査は複数の審査員が作品に点数を付け、最終的に合計得点が多かったものから上位入賞作品を決定。最優秀賞は工藤暖さんの「錦繍(きんしゅう)の猿賀公園」。公園北側にある枯山水庭園を撮影した作品で、モミジの落ち葉が赤いじゅうたんのように一面に広がる光景が映し出されている。
 3月31日まで、協会ロビー(市ふるさとセンター1階)で上位7作品を含めた30作品を展示する。
【写真説明】最優秀賞の「錦繍の猿賀公園」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。