県内の新型コロナウイルス感染急拡大を踏まえ、県は19日、県有施設の原則休館・利用中止、県主催イベントの原則中止・延期、不要不急の県外移動の自粛要請といった独自の感染防止対策を発表した。県内全域が対象で、期間は20日~2月末。人同士の接触機会を低減し、感染力が強い変異株「オミクロン株」の抑え込みを図る。
 県内では1月に入り20、30代の感染者が急増。従来のデルタ株よりも、さらに感染力が強いとされるオミクロン株に置き換わったことで、感染者の連鎖が止まらない危機的状況が続く。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。