弘前市が弘前保健所管内の新型コロナウイルス感染急拡大に伴い全施設の休館を決めたことを受け、市内の公共施設は19日、休館の告知や予約者への連絡、主催事業の中止決定などの対応に追われた。
 市は18日、感染防止策として20~31日、市立小中学校の部活動やスポーツ少年団の活動休止に加え、公民館や交流センター、図書館、保健体育施設など公共施設全111施設の休館を決定。さらに19日夕には、県の方針に倣い休館期間を2月28日まで延長することにした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。