2月開幕の北京五輪など競技スキーの大舞台を間近に控え、弘果スキーレーシングクラブ(SRC)に所属する距離スキーの土屋正恵(25)、開坂優(29)の両選手が14日、弘前市内で開催された壮行会に出席した。土屋選手は北京五輪出場が内定しており、開坂選手は今季での競技引退を表明。それぞれにとって重要な今季の競技へ意気込みを語った。
【写真説明】壮行会で寄せ書きされた旗を手にする土屋(左)、開坂の両選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。