青森山田高校サッカー部の黒田剛監督が14日、青森市内で講演した。今月に第100回全国高校サッカー選手権大会で3度目の優勝を果たすなど、強豪校の指導者として活躍する黒田監督はリーダーとして「伝える力、そして動かす力が必要」と語った。
 13日から同市で開かれている2021年度全国高校体育連盟研究大会の一環。講演は全体の参加者を対象に、「常勝チームを作った最強のリーダー学」のテーマで行われた。
【写真説明】リーダーとして「伝える力」の重要性を語る黒田監督

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。