15日から始まる大学入学共通テストを目前に控える中、県内でも弘前保健所管内を中心に新型コロナウイルスの感染が急拡大している。受験生を抱える高校では、生徒が不安を感じないようケアを進めているほか、文部科学省により共通テストなどを受けられなかった生徒への“救済策”を突如求められた県内各大学でも対応の検討が急務となり、受験関係者は入試シーズンが迫る中、対応に追われている。
 文科省は受験生の不安解消に向け各大学に救済措置を取るよう通知。共通テストの本試験も追試験も受けられなかった受験生に対し、国公立大の個別入試のみで合否判定することや、個別入試も受験できない場合は再追試を実施するよう求めたもので、共通テストを利用する私立大にも個別入試での判定を要請する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。