弘前市立博物館と高岡の森弘前藩歴史館は、連携企画の第1弾として「冬のスタンプラリー」を開催している。両館の来館記念スタンプを集めて応募すると、抽選で市立博物館特別企画展招待券の引換券などの賞品が計19人に当たる。3月27日まで。博物館の小林純子館長補佐は「博物館と歴史館を巡って、弘前・津軽の歴史と文化の魅力を楽しんでほしい」とPRする。
 応募方法は、観覧後、受付の横に置いている専用台紙にそれぞれの来館記念スタンプを押し、両館のスタンプをそろえたら、希望賞品を選び、受付横に設置している応募箱に投函(とうかん)する。1人何口でも応募できる。
 賞品は、A賞「市立博物館2022年度特別企画展招待券1枚の引換券」(2人)、B賞「両館で開催される企画展をいずれか1回無料観覧できる券」(10人)、C賞「高岡の森弘前藩歴史館名品図録」(1人)、D賞「市立博物館常設展示図録」(1人)。このほか、Wチャンス賞として、A~D賞に当選しなかった人を対象に、抽選で5人に両館で取り扱う絵はがき1枚(絵柄選択不可)が当たる。
 抽選は4~5月に行い、当選者の発表は賞品の発送をもって代える。
 両館の開館時間は午前9時半~午後4時半。休館日は共通で1月17日と2月21日で、このほか、歴史館が3月22日。博物館は3月22日から臨時休館となる。問い合わせは同博物館(電話0172-35-0700)、同歴史館(電話0172-83-3110)へ。
【写真説明】市立博物館と高岡の森弘前藩歴史館の連携企画「冬のスランプラリー」をPRする小林館長補佐

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。