18日の県内は、強い冬型の気圧配置となった影響で断続的に雪が降って、気温が上がらず、青森地方気象台によると、全観測地点で真冬日となるなど、寒さが厳しい一日となった。
 各地で気温がプラスとはならず、最高気温は弘前市で氷点下2・4度、黒石市で氷点下4・1度と今季初の真冬日を記録。最低気温も、弘前で氷点下6・1度、黒石市で氷点下6・2度、平川市碇ケ関で氷点下6・8度など、全観測地点で今季最低の冷え込みとなった。
 弘前市では日中は晴れ間がのぞいたものの、断続的に雪が降って視界が悪く、昼間からライトを付けて走行する車や、雪片付けに追われる市民の姿が多く見られた。
【写真説明】雪が強く降り、日中でもライトをつけて走行する車も見られた=18日午前10時半ごろ、弘前市南城西

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。