ファッションの街としても知られる弘前市。土手町の一本裏通りの南瓦ケ町にある衣料品セレクトショップ店「slowpoke(スローポーク)」が22日、オープンからちょうど20周年を迎える。米サンフランシスコのカルチャーに影響を受けた店主の若城徹土さん(46)が現地で仕入れた古着のほか、同店が企画、製作したオリジナルのアウター、Tシャツなどのアイテムが並ぶ店内。流行にとらわれず独自の視点で商品を提案するスタイルを貫き、市内外にファンを持つ。若城さんは「売りたい物があるうちは続けたい」と先を見据える。
 オリジナル商品は関西地方を中心に複数の店舗を展開するセレクトショップのほか、熊本県や鹿児島県などの店にも卸している。「人から人の手に渡り、いずれ古着として残ってほしい」と長く愛されることを願う。
 店名の「スローポーク」は「時代遅れ」との意味を持つといい、サイクルの早いファッション業界にアンチテーゼを唱えるもの。これからも古着、新品に関わらず、自身の中にある米国のフィルターを通したアイテムをぶれずにセレクトしていく。
【写真説明】「弘前を楽しい街にしたい」という若城さん。「slowpoke」がその役割の一つを担うことを望む

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。