弘前市のプロスイマー樋口遼選手が11月27、28日に行われた第8回日本マスターズ水泳スプリント選手権大会の男子50メートル自由形(30~34歳区分)で、2位入賞した。故障を押して臨んだレースとはいえ、頂点を逃したのは初めて。「一番自信がある種目だけに、相当落ち込んだ」と悔しさをにじませながら、来年の大会での雪辱を誓い闘志を燃やす。
 今後の目標は来年の5~6月に行われる第19回FINA世界マスターズ水泳選手権50メートル自由形の連覇。「来年の1、2月に出場予定の大会で自己ベストを出し、そのままの勢いで優勝する」と意気込みを語った。
【写真説明】第8回日本マスターズ水泳スプリント選手権大会の男子50メートル自由形で2位入賞を果たした樋口遼選手

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。