地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出しないエコカーとして開発が進んでいる燃料電池車。動力源である燃料電池の発電を促進する、重要な触媒の高性能化や低コスト化が課題とされる中、弘前大学大学院理工学研究科の千坂光陽准教授と岩手大学の竹口竜弥教授らの研究グループは、安価に大量合成でき、世界最高レベルの耐劣化性能を持つ新たな触媒技術の開発に成功した。本格普及の後押しとなることが期待される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。