来年度から女子部員を受け入れる弘前学院聖愛高校硬式野球部が28日、同校グラウンドで第1回女子野球交流会を行った。市内外から集まった小中学校の女子選手が、県内初となる女子硬式野球部の雰囲気を味わった。
 今まで県内の高校には女子硬式野球部はなく、県外校に進学するか、ソフトボールに転向するかの選択肢しかなかった女子生徒に、同部が女子部員を受け入れることを知ってもらおうと開催。市内外の小学3年生から中学3年生までの女子61人と保護者らが集まった。
 交流会には第103回全国高校野球選手権大会で活躍した3年生らがコーチとして参加し、バッティングのこつや投球のフォームなどをアドバイス。参加者は甲子園出場選手たちの助言に、真剣に耳を傾けながら練習に励んだ。
【写真説明】多くの女子選手が参加した交流会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。