京王線電車内で乗客が刃物で刺されるなど、鉄道などにおける刺傷事件が頻発していることを受け、弘前警察署(杉田隆署長)は26日、JR弘前駅(奈良隆模駅長)で不審者訓練を行った。署員と駅員は有事の対応手順を確認し防犯意識を高めながら、連携の強化を図った。訓練は、改札前で不審者がナイフを持って大声を上げている想定で実施。駅員が警察に通報し、警察が駆け付けるまでを場面ごとに分け、それぞれの注意点などを確認した。
【写真説明】JR弘前駅と弘前署が連携し、駅構内での不審者への対応を確認した訓練

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。