弘前大学教育学部附属中学校(伊藤隆校長)の1年生が26日、空間デザインを学ぶワークショップ(WS)を行った。グループに分かれて春から進めてきた店舗デザインの模型を完成させ、店のコンセプトや設計に当たってのこだわりなどについて発表した。
 WSは日本商環境デザイン協会(事務局東京都)が2008年から全国で行っている建築関連の出前講座で、今回は同協会東北支部が主催。本県での開催は昨年の大野小学校(青森市)に続き2例目となる。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、当初の7月から延期して実施した。
【写真説明】店舗デザインの模型を完成させ、設計のこだわりなどについて発表する生徒

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。