弘前公園で24日、降雪から樹木を保護する雪囲い作業が始まった。市公園緑地課職員ら約30人が下乗橋周辺の木々に板囲いを施し、本格的な冬の到来に備えた。
 職員らは樹木の周りを骨組みで囲い、長さ約1.8メートルのヒバ材の板を1枚ずつ慎重にかぶせ、縄で固定するなどして冬の装いを施した。作業は12月中旬ごろまで行われ、ツツジやシャクナゲなどの低木類約3万本には雪囲い、マツなど約40本の高い樹木には雪つりを施す。
【写真説明】雪囲い作業が進められた弘前公園=24日午前9時10分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。