弘前市の社会人サッカーチーム・ブランデュー弘前FCは24日、MF浜中大選手が今季限りで現役を引退すると発表した。浜中選手はチームが設立された2012シーズン当初からのメンバーで、18~20シーズンまで主将を務めた。
 浜中選手は「『JFL昇格』という大きな目標を果たせなかったことを本当に申し訳なく思っています」と悔しさをにじませつつ、「たくさんの方々に支えられて今日まで走り切ることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱい。どこかでまた笑って会いましょう! これまで本当にお世話になりました! へばな!(さようなら)」とサポーターらに感謝するコメントを発表した。
 12月5日には同市内で浜中選手の引退セレモニーが開かれる。午前10時開場で同10時半開始。場所は申し込みをした人に通知される。参加は事前申込制となり、希望者は、メールで件名に「12月5日参加」、本文に(1)氏名(2)電話番号(3)メールアドレス―を記載し、info@blancdieu-hirosaki.comへ。締め切りは2日正午。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。