弘前市立郷土文学館は23日、開催中の「生誕100年 成田千空展」を記念し、俳句結社「森の座」代表の横澤放川さんによる講演会を、市立観光館で開いた。横澤さんは千空の俳句を「歩くことによって驚きに出合い、そこから句が生まれている。中村草田男と共通する風土の思想があるもの」と強調。話題は千空との思い出や俳句論、草田男、金子兜太と千空の関わりなどに及び、来場者は熱心に聴き入った。演題は「成田千空-風土を超えるもの」。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。