あおもりコーヒーライセンス委員会(成田専蔵委員長)が認定するコーヒーアドバイザー「バリスタ」の資格試験が23日、弘前市末広4丁目の市総合学習センターで行われた。市内の大学生を中心に31人が受験し、講習で身に付けたコーヒーに関する技術や知識を披露した。採点の結果、全員が合格を果たした。
 23日までに延べ8~12時間に及ぶ事前講習を受けた受験者31人は▽豆の良しあしの選別▽ペーパーフィルターでの抽出▽3種類の豆の種類を当てる味利き-の三つの課題に挑んだ。
 このうち抽出では、試験員が受験者の器具や豆の扱い方、湯の温度、注ぐ姿勢や速さ、抽出量の過不足、味の良しあしなどをチェック。受験者は一様に緊張した様子で湯を注いだ。
【写真説明】成田委員長(右から2人目)が見守る中、コーヒーを抽出する受験者(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。