文化庁は22日、「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録記念式典をオンラインで開いた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)から交付された世界遺産登録認定証の公式複製を関係団体に授与するもので、縄文遺跡群の世界遺産登録推進本部長の三村申吾知事は「掛け替えのない遺産をしっかりと守り、その価値や魅力を発信し、訪れる人に感動を与えたい」と述べ、縄文遺跡群を世界の宝として守り伝える覚悟を改めて示した。
 認定証の公式複製は今月中に関係自治体や各遺跡に送られる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。