弘前市の北辰中学校(長尾朗校長)は20日、同校体育館で毎年恒例の「立志式」を行った。かつて日本で成人として扱われた年齢に達した2年生35人が、1、3年生、父母らが見守る中、檀上で堂々と将来の目標や夢を語り、実現に向けて努力することを誓った。
 立志式は古来日本の成人に当たる元服にならい、数えの15歳(満14歳)になる2年生が行っており、今年で50回目の節目を迎えた。
【写真説明】将来の夢に向かって努力することを誓う2年生

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。