弘前市富田3丁目の弘前銘醸(加藤宏幸社長)は22日、県産リンゴで造った辛口タイプのシードル「弘前城しいどる/ドライ ミニ」を発売する。弘前公園にある日本最古級のソメイヨシノから採取した天然酵母「弘前さくら酵母」を使うシリーズの第3弾。1本200ミリリットル入り、税抜き価格650円。アルコール分6%。
 同社の酒販店「ハチドリ酒店」(旧店名=酒ショップ・サン)のほか、県内小売店で取り扱う。
【写真説明】新たに「弘前城しいどる」に加わる水色のラベルが目印の「ドライ ミニ」(手前)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。