酒類販売、製氷業などを手掛ける弘前市富田3丁目の弘前銘醸(加藤宏幸社長)は22日、運営する酒販店「酒ショップ・サン」の新装開店に伴い、店名を「弘前銘醸 ハチドリ酒店」と改めて再出発する。新店舗は同社が有する赤れんが倉庫をイメージして外装、内装に所々レンガを使いシックな雰囲気に。従来通り県内の地酒やシードルをほぼ全銘柄そろえるほか、買った酒をその場で楽しめる「角打ちコーナー」を新設。新たに銘柄を定期的に入れ替える有料試飲、量り売りも始める。加藤社長は「『街の酒店』として再出発。地酒とシードルを発信していきたい」と語る。
 営業時間は午前10時~午後8時で、「角打ち」は午前11時~午後7時。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。