弘前観光コンベンション協会は、今春の弘前公園に咲いた桜の写真をまとめたカレンダー「101回目のさくら~新しい時代へ~」と、明治期から現代までの名絵師によるねぷた絵が楽しめる「弘前ねぷた300年祭カレンダー」を20日に発売した。2年ぶりに弘前さくらまつりが開催された園内の風景と、弘前ねぷたの移り変わりが体感でき、カレンダーとして使った後はポスターとしても飾ることができる。
 カレンダーに掲載した画像を用いたポストカード(1100円、税込み)も27日に発売する。同日からは既刊の「弘前ねぷた本」を300年祭の下帯を付けた仕様にするなど、カレンダーと合わせて弘前ねぷた300年祭を盛り上げる。
 カレンダーはどちらも13枚つづり、B2判で2200円(税込み)。弘前市立観光館や市まちなか情報センター、市りんご公園、藤田記念庭園洋館、県内主要書店、同協会ウェブストアなどで販売している。
【写真説明】カレンダー「101回目のさくら」(写真上)、カレンダー「弘前ねぷた300年祭」とポストカード、弘前ねぷた本(写真下)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。