弘前市は19日、2021年度一般会計補正予算案を発表した。21年産米の価格下落対策やひょう被害対策など農業従事者への支援を柱に、新型コロナウイルスワクチン接種関連や市独自となるタクシーと運転代行事業者への支援事業を盛った第11号と、弘前城雪燈籠まつりの感染症対策などを盛り込んだ第12号を、26日開会の市議会定例会に提案する。11号は定例会初日に先議される。
 一般会計予算は補正案11号で10億7568万3000円を、12号で11億5282万4000円をそれぞれ追加し、総額816億1377万1000円となる見通し。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。