県は18日、新型コロナウイルス対策費約60億円を盛り込んだ総額100億4863万円の2021年度一般会計補正予算案を発表した。「感染防止対策の推進と医療提供体制の確保」「地域を支える公共交通機能の維持等」の二つを柱に、新型コロナ「第6波」に備えた病床拡充や臨時医療施設の設置、交通事業者への定額給付金の経費を盛った。24日開会の県議会定例会に提出する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。