県は17日、東京五輪アーチェリー男子の個人と団体で銅メダルを獲得した古川高晴選手(37)=青森東高出、近大職=に県民栄誉賞を授与した。古川選手は「屋外競技で雪国はハンディキャップがあるが、自分は青森県でアーチェリーを始めてここまでこられた。競技をしている高校生や子どもたちにも夢を見てほしい」と語った。
 古川選手は東京五輪について「感謝の大会だった。開催できたのは、医療従事者が最前線で戦い、ボランティアの方々が努力したおかげ。多くの人に支えられ、感謝の気持ちで頑張った」と振り返った。
 三村申吾知事は「感謝の思いを力に変えて頑張ったことに、県人らしさを感じてうれしい」と活躍を喜んだ。
【写真説明】自身2度目の県民栄誉賞が授与され喜ぶ古川選手(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。