「The 津軽三味線2021『街角ライブ』」(福士圭介実行委員長)が14日、弘前市吉野町の弘前れんが倉庫美術館前で行われた。弘前商工会議所青年部(奈良第司会長)主催の食イベント「The 津軽味三昧 with The 津軽三味線」も同時に開催され、観客は地元の味に舌鼓を打ちながら、津軽三味線の音色に耳を傾けた。
 街角ライブは11月の週末を中心に市内各所で開催。2年連続で中止となった「津軽の食と産業まつり」の代わりに、地元飲食店の助けになればと、13、14日限定で食イベントも併せて行った。
 ライブは「まんじ会」が担当し、津軽あいや節やじょんから節、オリジナル曲「津軽の香り」など計5曲を演奏。会場には地元の飲食店や物産館などの出店が並び、スタンプラリーもにぎわいを見せた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。