東京都調布市を走行中の京王線電車内で乗客が刃物で刺されたり、JR福島駅前で女性が切り付けられたりするなど、無差別な刺傷事件が頻発していることを受け、県内でも対策強化の動きが出始めている。県警本部は鉄道会社と連携しながら、これまで以上に見回り体制を強化する構えで、同本部地域課は「首都圏だけでなく、東北のどこで発生してもおかしくはない状況」と警戒感を示し、電車内での犯罪抑止に努める。
 弘前署は16日から、実際に電車内に署員が乗り込むなど警戒活動を開始。弘南鉄道弘南線で電車内に不審な人物はいないか、不審なものはないか注意深く見回った。今後は当面の間、管内を走る電車にランダムで署員が乗り込み、駅構内も見回るなどして警戒を強める。
【写真説明】電車内の見回りを行う弘前署員

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。