弘前市の中心市街地で展開する市民参加型の展覧会「Hirosaki Arts Pollination(ヒロサキ・アーツ・ポリネーション)」が、27日~12月5日に開かれる。津軽、弘前という土地を再発見することをテーマに県内外14組の表現者が参加し、土手町周辺の10カ所でさまざまな作品を展示、紹介する。
 展覧会は弘前を拠点にアートプロジェクトを展開している弘前エアが主催。作家たちが弘前から着想を得て制作した絵画や彫刻、食、音楽、工芸、フラワーアート、デザインなどを紹介する。展示会場は青森銀行記念館や旧一戸時計店、弘南鉄道中央弘前駅、土淵川遊歩道などさまざまで、街歩きを楽しみながらアートに触れることができる。
 開催期間中、観覧受け付けを弘前れんが倉庫美術館カフェ&レストラン「ブリック」、弘前オランド、旧一戸時計店に設置。観賞パスは高校生以上900円、小中学生200円で、大人はトートバッグ、子どもは缶バッジがパス代わりになっている。幼児、障害者手帳の持参者(付き添い1人含む)は無料。
【写真説明】「Hirosaki Arts Pollination」のポスター

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。