弘前観光コンベンション協会は、郷土愛醸成のために弘前市の歴史や文化を住民が学ぶツアー「ひろさき読み解く旅」を行う。第1回は世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」に含まれる市内の大森勝山遺跡をテーマに28日に実施する。
 初回は「縄文の足跡をたどる~大森勝山遺跡~」として、今年7月の世界遺産登録で関心が高まっている縄文遺跡について学ぶ場を提供する。講師は弘前市教育委員会埋蔵文化財係長の蔦川貴祥さん。
 日程は午前9時~午後1時で、市立観光館で集合・解散。料金は1人3000円(税込み、バス代・保険料含む)で、参加申し込みは津軽まちあるきサイト(https://machi-aruki.sakura.ne.jp/)から。申し込み締め切りは25日。
【写真説明】初回のツアーで訪れる大森勝山遺跡

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。