プロバスケットボール・Bリーグ2部(B2)の青森ワッツは14日、青森市のマエダアリーナで行われた第7節第2戦で、FE名古屋に49-82で敗れ、7連敗を喫した。順位は東地区6位。
 ワッツは第1クオーター、果敢な守りで失点を防ぎながら下山大地、臼井弘樹、駒沢颯が各5得点し、17-18の1点差で終えた。しかし第2クオーターに入ると、攻守に精彩を欠き、わずか6得点しか挙げられず大きく差を広げられた。
 第3クオーター以降も必死に追い上げを図ったが、東地区首位・名古屋の高い壁に阻まれ、逆に点差を離されてしまった。
 次節は20、21日、アウェーで仙台と対戦する。
【写真説明】第1クオーターでシュートを決めるワッツの下山大地選手(左)=マエダアリーナ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。