弘前市立観光館で30日まで、市内にある六つの日本酒蔵元を紹介するパネル展が開かれている。観光客らに弘前の地酒を一層知ってもらおうと、同館の観光コンシェルジュが酒蔵に取材した内容を紹介している。
 シードルが注目されて久しく、コンシェルジュへの問い合わせが多い中、地酒にもより関心を持ってもらいたいと企画。カネタ玉田酒造、白神酒造、松緑酒造、丸竹酒造店、三浦酒造、六花酒造の6蔵元を8人のコンシェルジュが訪ね、沿革やお薦め商品、酒蔵のこだわりなどを聞き取った。パネル展では取材でのこぼれ話も含めて紹介している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。