県教育委員会は12日、臨時会を開き、高校再編に関する県立高校教育改革推進計画第2期実施計画(2023~27年度)を策定した。反発の大きかった地域で追加の地区懇談会を開催し、策定時期は当初予定の10月からずれ込んだものの、7月に示した案から大幅な変更はなく、東青地区は浪岡と青森西を統合、西北地区は鯵ケ沢を地域校とし、木造を1学級減とすることが決定した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。