青森河川国道事務所と県、つがる市は12日、津軽自動車道(全長38キロ、青森市浪岡-鯵ケ沢町)で未整備区間となっていた柏浮田道路(つがる市柏稲盛-同市木造越水、延長12・3キロ)の工事に着手すると発表した。12月5日に現地で起工式を行う。供用開始時期は未定。柏浮田道路が開通すれば、津軽自動車道のほぼ全区間がつながる。
 柏浮田道路は津軽自動車道のうち、供用済みの五所川原西バイパスと鯵ケ沢道路をつなぐ区間。2018年度から事業を開始し、用地取得が一定段階まで進んだため、工事着手に踏み切った。今後は地盤改良や盛り土などの工事と並行し、残りの用地取得も進めていく。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。