日仏交流の願いを込めた絵入りリンゴを両国の官邸などに毎年贈っている弘前市の佐藤袋店(佐藤義博社長)は11日、市役所に桜田宏市長を訪ね、今年の発送を報告。市にも絵入りリンゴ12個を寄贈した。
 絵入りリンゴは、同社の袋とシールを使い、同市高岡の鎌田容子さん(74)の畑で栽培した「陸奥」で制作。フランスに2002年から、日本の官邸には08年から贈っており、今年は10月に計108個を発送した。
 佐藤社長、佐藤庸平取締役、鎌田さんが市役所を訪れ、ナポレオンの肖像画を描いたジャック・ルイ・ダビッドの作品など全12種類の絵入りリンゴを寄贈。岸田文雄首相から直筆の署名が入った礼状が届いたことも報告した。
【写真説明】絵入りリンゴの発送を報告した佐藤社長(右端)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。