2022年度中の7人制女子ラグビーフットボール全国大会誘致について、県ラグビーフットボール協会(山崎久造理事長)、特定非営利活動法人・弘前サクラオーバルズ(安東元吉理事長)は11日、弘前市の桜田宏市長に要望書を提出した。市運動公園陸上競技場での大会開催を望む声に、桜田市長は「いろいろ検討させていただく」と応じた。
 女子ラグビーをめぐっては、同市で17~19年の3年間、7人制日本代表合宿を誘致した実績がある。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。