十和田こども食堂実行委員会(水尻和幸代表)は7日、県と連携した「こどもの居場所づくりあおもりキャラバン」として、黒石市内で中学生以下の子育て世帯にピザや食材を無料で配布した。
 キャラバンは12月中旬まで、大型バスを改造したキッチン付きの移動式食堂バスで6市町を回ることにしており、この日会場となった黒石自動車教習所には事前予約をした同市と近隣市町村の親子らが訪れた。
 親子らは熱々のピザを受け取ったほか、NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」の協力で、中学生以下の子どもがいる一人親世帯には新米としょうゆ、そばの乾麺が配られた。このほか、黒石こども食堂実行委員会(村上照幸代表)が、綿あめやポップコーンを作ってプレゼントし、一人親世帯にはリンゴや飲料を配布した。
 3歳の娘と来場した同市の母親(27)は「ピザだけでなく、まさか米やしょうゆまでもらえるとは思わなかった。食材は本当に助かる」と感謝した。
【写真説明】子育て世帯に出来たてのピザなどを配ったキャラバン

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。