青森山田高校サッカー部3年の宇野禅斗選手(17)は9日、J2のFC町田ゼルビアへの加入が内定したとして同校で記者会見した。宇野選手は「自分の強みを生かせる上、課題を克服して成長につなげられるチーム。まずは試合に出て結果を出すことが目標」と意気込みを語った。
 宇野選手は福島市出身で、ポジションはミッドフィールダー。厳しい環境の中で自らを高めようと青森山田中へ進学した。高校では2年からレギュラーとして活躍。今夏の全国高校総体の優勝に貢献し、大会優秀選手にも選ばれた。代表歴は2020年日本高校選抜、21年U-18日本代表候補。
 宇野選手は「このチームでプロのサッカー人生をスタートさせられることをうれしく思う。中盤で自分の良さを出してチームに還元できれば」と抱負を語った。
【写真説明】プロ入りを喜ぶ宇野選手(右から2人目)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。