8月29日に弘前市運動公園陸上競技場で行われた第35回青森マスターズ陸上競技選手権大会のM90(90~94歳)400メートルリレーと1600メートルリレーで、敦賀又四郎さん(当時92)、工藤勇蔵さん(同92)=五所川原市=、三ツ谷光造さん(同90)=鯵ケ沢町=、田中博男さん(同90)=青森市=が樹立し、世界マスターズ陸上競技協会(WMA)に申請していた記録が5日、世界記録として正式に認定された。
 これまでの世界記録は、400メートルリレーが2分22秒37、1600メートルリレーが12分41秒69。田中さんらはそれぞれ1分43秒69、9分56秒36と、世界記録を大きく更新した。
 田中さんらは5月に六ケ所村で行われた第5回青森マスターズ陸上競技記録会のM901600メートルリレーで8分49秒01を出したが、WMAの規定により公認の対象外となり、8月の大会で再度世界記録に挑戦して快挙を成し遂げた。
 記録は県マスターズ陸上競技連盟が日本マスターズ陸上競技連合を通じてWMAに申請。5日に記録が正式に認定され、WMAのホームページ内に記録が掲載された。
【写真説明】M90の400メートルリレーと1600メートルリレーで世界記録に正式認定された(左から)敦賀さん、工藤さん、三ツ谷さん、田中さん=8月29日、弘前市運動公園陸上競技場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。