弘前公園で開催中の弘前城菊と紅葉まつりに併せ、修理中の弘前城石垣、城門工事現場の見学や、裏込石(うらこめいし)へのメッセージ書きなどが楽しめるイベント「弘前城の歴史にふれるday」が7日まで開かれている。参加は無料で、公園を管理する弘前市公園緑地課は「今しか見られない文化財の様子をぜひ見てもらいたい」としている。
 弘前城の石垣は今年6月に北側工区の積み直しがスタート。今回は工事が本格化してから初めての見学会となる。同じく修理工事中の追手門では地下遺構、南門は番所を公開。普段は見ることのできない場所から修理の進行状況を確認でき、石垣の現場見学では記念の軍手ももらえる。
 東内門前の広場では石垣積み直しの際に敷き詰める裏込石にメッセージを記す体験ブースも設置。好みの石を選んでメッセージを書き込めるほか、記念写真ももらえる。
 イベントは午前10時~正午と午後1~4時。
【写真説明】積み直し工事が本格化して以来初めてとなる石垣修理現場の見学

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。