弘前市は4日、2021年度の一般会計補正予算を専決処分したと発表した。新型コロナウイルス感染症の対応として、市内の団体などが取り組むプレミアム付き商品券発行などの販売促進事業に経費を補助する「団体等販売促進緊急対策事業費補助金」に1億2500万円を追加した。コロナ禍で地域経済が冷え込む中、市は「年末年始の書き入れ時に向けて市民の消費活動を積極的に促す」として、申請希望のあった全事業を補助対象とする。補正後の一般会計予算総額は793億8526万4000円。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。