県内では10月下旬から高齢者の交通死亡事故が頻発している。3日の夜には弘前市で自転車の男性(77)が車にはねられ、翌4日に亡くなった。このほか、同日までに野辺地、外ケ浜、五所川原、青森の4市町で4人が犠牲となった。例年この時期は夕暮れ時から夜間にかけて高齢者の交通事故が多発傾向にあり、県などは11月を「いきいきシルバー交通安全強調月間」と定め、高齢歩行者の安全確保や高齢運転者の事故防止に取り組んでいる。県警は「出歩く際は反射材を活用し、運転手に気付いてもらえるような目立つ格好をしてほしい」などと注意を呼び掛けている。
【写真説明】事故現場を確認する弘前署員=4日午後1時40分ごろ、弘前市石川字柳田

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。