子どもたちにソフトテニスの楽しさを体感してもらおうと、未経験者や初心者を対象とした「2021ヨネックスソフトテニスキッズアカデミー」が3日、弘前市の岩木山総合公園体育館で開かれた。県内から参加した子どもたちは、実業団で活躍した選手から基本の打ち方を学ぶなどし、競技を楽しんだ。
  参加した幼児、児童ら約30人は、ラケットにスポンジボールを乗せるなどし、ボールやラケットに慣れた後、ボレーやストロークといった基本動作を学んだ。
【写真説明】ストロークの練習に励む子どもたち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。