本県選挙区は1区で江渡聡徳氏が8選、2区で新人の神田潤一氏が初当選、3区で木村次郎氏が再選を果たし、改選前に続き自民党が3議席を独占した。投票率は52・93%で、前回を1・24ポイント下回った。
 自民は選挙区と比例代表の候補を選挙ごとに入れ替える「コスタリカ方式」の導入により、1区から比例東北に回って名簿順位1位だった津島淳氏が危なげなく4選。目標としていた「4人全員当選」を勝ち取った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。